一度は体験したい夏の憧れイベントTOP10

浴衣で夏祭りデート、体験した人は意外と少ない?
8月公開の映画『青夏』。NHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを務めた葵わかなさんが女子高生役で主演している。この映画は、夏休みを田舎で過ごす都会の女子高生と地元の男子高生の、ひと夏の恋を描いた青春ラブストーリーだ。こうした夏の淡いシチュエーションに大人になっても憧れ、「一度は経験してみたかった」と思う人も多いでは? そこで20代の会社員男性200人に「憧れの夏イベント」とそれを実際に体験したことがあるか聞いてみた。

■一度は経験したかった夏イベントTOP10
(1位=2pt 2位=1ptとして計算。カッコ内は実際の「体験率」)
1位 ひと夏の恋 73pt(体験率9.0%)
2位 甲子園に出場 52pt(体験率1.0%)
3位 一人旅 35pt(体験率13.5%)
4位 浴衣で夏祭りデート 33pt(体験率10.5%)
5位 女子と一緒に肝試し 28pt(体験率3.0%)
5位 リゾート等での住み込みバイト 28pt(体験率7.6%)
7位 甲子園大会を観に行く 23pt(体験率10.5%)
8位 川原に寝転んで花火を見る 17pt(体験率3.5%)
9位 清流で川遊び12pt(体験率13.5%)
10位 自転車でツーリングの旅 11pt(体験率7.5%)
10位 宿題を初めに終わらせ、心置きなく残りを過ごす 11pt(体験率9.0%)
10位 トラックの荷台に乗りあぜ道を走る 11pt(体験率2.0%)

他を引き離して1位になったのは「ひと夏の恋」。学生時代の、ひと夏という時間の短さが、恋愛をより特別なものにするのだろう。経験のある1割弱の思い出も聞いてみたい。2位は甲子園出場。夏のスポーツイベントの、そして「青春」の代名詞だ。やはり、一度でいいからあの応援を背にしてみたいと考える人が多いのだろう。

また、4位の浴衣で夏祭りデートもすぐに画が浮かぶ、まさに夏ならではのイベントだ。意外だったのはその体験率の低さで、約1割という結果に。これは何がデートかという基準が人それぞれなのも関係していそうだ。いずれにせよ、上位にランクインしたのはまさに映画でよく描かれるような憧れのシチュエーションばかり。1つでいいから体験してみたかったですね…。

(嶋野清明)

世論調査