スマホがPCのサブディスプレイに

Android iOS
Wi-Fi接続、USB接続の両方に対応

作業効率をアップさせるため、複数のディスプレイをパソコンに接続する「マルチディスプレイ」環境で仕事をしている人も多いはず。この環境になれてしまうと、出先でノートパソコンを使っているときに不便を感じることもあるのではないでしょうか。そこで使ってみてほしいのが、この「iDisplay」。スマートフォンの画面をパソコンのサブディスプレイとして活用できるアプリです。

いちばんの特徴は、Wi-Fi接続とUSB接続の両方に対応している点。パソコン側に専用ソフトをインストールする必要がありますが、設定もそれほど難しくないので、初心者でも簡単に利用できるはずです。もちろんタブレット端末でも利用可能。AndroidとiOSの両方で利用できる点も魅力。ウィンドウズパソコンの画面をiPadに表示させたり、マックの画面をAndroid端末に表示させたりすることもできるので、様々なシーンで活用できるのではないでしょうか? 外出先でも簡単にマルチディスプレイ環境が実現するので、作業効率アップには最適。外出先で作業する機会が多い人は、ぜひお試しください。

端末を回転させると縦横表示が切り替わります

この記事で紹介しているアプリ

USB接続 サブディスプレイ マルチディスプレイ環境