ゲーセン生まれの懐かしいレースゲーム

Android iOS
ステアリング操作には端末の加速度センサーを利用しています

実写と見分けがつかないぐらいリアルなビジュアルに加え、プロドライバーのシミュレーションにも使われるほどになったレースゲーム。昔はただ障害物を避けて走り抜けるだけのシンプルなものでした。リアルさを追求したゲームが当たり前になった今、あえて当時のムードを再現したゲームで遊んでみてはいかがでしょうか?

「ファイナル・フリーウェイ Free」は、20年以上前にゲームセンターに置かれていたアーケードゲーム「アウトラン」の雰囲気を感じさせるレースゲーム。フェラーリF50風のスーパーカーを操り、時間内にチェックポイントを通過。すると残り時間が増えていきますが、タイムオーバーとなったら終了という、シンプルなルールです。

操作方法は昔ながらの十字キーではなく、端末を傾けてコーナリングするタイプ。レトロゲームでありながら、スマートフォンならではの操作性が採用されています。とはいえ、ほとんどノーブレーキでクリアできてしまうといった、昔のレースゲームらしいところも…。

超リアルな最新のレースゲームとはひと味違う、レトロでユルいゲームで遊んでみてくださいね。

3つのプレイモードを3段階のレベルで楽しめます。走行ステージは計8つ

この記事で紹介しているアプリ

ゲーセン レトロゲーム 懐かしいレースゲーム