条件反射を利用して口臭を防ぐ!?

Android
フルーツのほか梅干しも選べるのがユニーク!

自分ではチェックが難しいため、一度気になりだすと心配な気持ちでいっぱいになるのが、お口のエチケット。対策としてミントタブレットやガムを常備している人も多いと思いますが、状況によってはタブレットやガムを食べるわけにはいかないことがあるもの。そこで役立ってくれるのが、この「口臭予防アプリ『パブロフレモン』」。パブロフの犬実験で知られている、生物の条件反射を利用した口臭予防アプリです。

仕掛けは簡単。起動するとレモンやブルーベリーなどの画像が表示され、それを指でいじると酸っぱそうな果汁が搾り出されるだけ。要するに、酸っぱいものを見た条件反射により分泌された唾液に含まれる抗菌成分により、口臭を防いでくれる、という理屈です。市販のエチケットアイテムより効果的かどうかはわかりませんが、とっさの対策には役立ってくれそう。身だしなみのひとつとして、備えておいてはいかがでしょう。

レモンのほか、グレープフルーツ、キウイなど6種類のフルーツに加え、口の中が酸っぱくなるアイテムの定番として梅干しも選択可能。唾液を分泌することは、口臭だけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながるそうなので、毎日定期的に利用するとよいかもしれませんね。

ギュッと搾った画像を見ることで口臭予防が可能!?

この記事で紹介しているアプリ

お口のエチケット 口臭予防 歯周病予防 虫歯予防