世界史を“関連付け”てわかる辞典

Android iOS
本文検索で知りたいキーワードを探すことも可能

グローバル化が進むなか、これまでは無関係のように思えた海外のニュースや出来事も、どんどん私たちの暮らしと密接なかかわりを持つようになってきています。こんな時代に知っておくべき基礎知識となるのが世界史。ある民族の文化や、国どうしの関係を知るうえで歴史背景は重要な鍵となります。中学校までに習った程度の知識でも結構役に立つのですが、それ以上の知識を得たい人もいるでしょうし、そもそも中学校レベルの世界史も自信がないという人も多いはず。そこでオススメしたいのが、この「山川 世界史小辞典 改訂新版 (山川出版社)」。教科書や参考書出版で有名な“ヤマカワ”による、世界史の辞典アプリです。

230名の専門家が執筆した9400項目を収録。ヨーロッパはもちろんアフリカやアジア、中東諸地域に関する項目も充実している点が特徴となっています。各項目内の解説文はハイパーテキストになっており、関連項目がすぐに参照できる点も便利なところ。リンクをたどっていくことで、思いがけない知識を得ることができます。

選択したテキストでWeb検索ができるなど、さらに幅広い情報が得られる機能がある点もよいところ。世界情勢を知るうえでの資料となるのはもちろん、解説文が充実しているので読み物としても楽しむことができるのではないでしょうか。

選択したテキストでWeb検索や情報共有もできます

この記事で紹介しているアプリ

世界史 山川出版社 歴史 辞典