16のアプリを即起動するサブランチャー

Android
画面右の黄色いバーをスワイプするとサブランチャーを表示

ホーム画面のカスタマイズ性が高いのは、Android端末の魅力のひとつ。ランチャーアプリでホーム画面の操作性をガラっと変えられるだけでなく、通常のホーム画面に別のインターフェースを追加することもできます。この「【指に吸い付く操作感!】Subランチャー」は、画面をスワイプするだけで別のメニュー画面を表示させる、サブランチャーアプリです。

画面右に表示される黄色いバーを画面中央に向かってスワイプすると、サブランチャーが起動。ここには4×4列、計16個のアイコンを設置することができ、よく使うアプリやウィジェットを設置しておくことで、素早く起動できるようになります。スワイプ+1タップという2回の操作でアプリなどを呼び出せるスピード感はもちろん、親指だけで操作できる操作性のよさにも注目したいところ。

サブランチャーを呼び出すバーは、設置する位置や色などを細かく設定することが可能。自分が使いやすい操作を、自分好みのデザインで実現することができますよ。

今までランチャーアプリに抵抗があった人も、インストールして操作性の良さを実感してみてはいかがでしょうか?

サブランチャーには16のアイコンを設置できる

この記事で紹介しているアプリ

カスタマイズ サブランチャー ホーム画面