モノクロ表示で使える「Webブラウザ」

Android
Webページが目に優しいグレイスケール表示に!

iPhone(iOS)にあってAndroidにはない標準機能のひとつが、画面をグレイスケールにできる機能。本来は、視覚のハンディキャップをサポートするために用意されたものですが、目に優しい画面表示となることから、寝る前など暗い場所で画面を見る際に利用しているiPhoneユーザーも多いようです。そんなグレイスケール機能を、限定的ではありますがAndroidで再現してくれるのが、この「monochrome:目に優しい白黒ブラウザ」です。

「コントラストが低いグレイスケールの画像は目の負担が軽い」という作者の経験をもとに制作されたこのアプリ。名前の通りWeb画面をグレイスケール表示させることに主眼を置いた、非常にシンプルなブラウザです。ブックマークできるページの数が限られている、動画が再生できないなど機能はかなり限定されていますが、下部に配置された操作ボタンの使い勝手はなかなか良好。端末のボリュームボタンで画面の明るさが調整できるのも便利なところでしょう。

寝ながらスマートフォンを操作するとき、部屋の照明を消してしまうと画面の明度を最低にしても、まだ明るさが気になるという人は多いはず。もちろん、すべての画面をグレイスケールにすることはできませんが、ネットサーフィン時にこのアプリで行えば、その分だけ目への負担を軽減することができそうですね。

簡素ながらブックマーク機能も用意されています

この記事で紹介しているアプリ

グレイスケール ブラウザ モノクロ表示 白黒