脳トレにも最適な「しりとりパズル」

Android iOS
パネルの絵柄から単語をいくつ連想できるかが勝負のカギ

子どもの頃、誰もが一度は「しりとり」遊びをしたことがあるはず。ルールは単純ですが、ボキャブラリーや「ん」を回避するため、とっさの判断力が要求される面もあり、大人同士で遊ぶと、また違った魅力を発見することができます。そんな、しりとりの奥深さを見事にゲーム化しているのが、この「ワギャンのパネルしりとり ~ドット絵の連想パズルゲーム~」。80年代後半に発売されたファミコンソフト『ワギャンランド』の人気要素だったミニゲームがベースとなっているアプリです。

名前の通り、ルールは「しりとり」そのもの。ワギャンが指定した最初の文字から始まる単語を連想させる絵が描かれたパネルをタップして、しりとりを続けていくことで得点をアップさせましょう。ここで重要なのが、パネルに描かれた絵に登録されている単語が複数あること。たとえばニンジンの絵なら「にんじん」だけでなく「キャロット」や「やさい」などと読むことも可能になっています。

つまり、絵柄から単語のバリエーションを推測しながらしりとりを続けるのが、このゲームの肝。文字数の多い単語を選んだり、レアな単語を選んだりした場合は得点が多く加算されるので、制限時間の中で最大限に脳を回転させながらしりとりを楽しんでください。すべてのパネルを消せた人は、まさに「しりとり王」。脳力を鍛える役にも立つのではないでしょうか?

これまでに判明した「読み」をまとめて確認することもできます

この記事で紹介しているアプリ

しりとり パズル 脳トレ