日々更新される厳選「ビジネス書リスト」

Android
起動すると、いきなり書籍のリストがズラリと並びます

ひとくちに「ビジネス書」といっても、政治経済からビジネスマナー、コーチング、ノウハウ本…など、ジャンルは様々。星の数ほどある本の中から、本当に役に立つ本を探し出すのは至難の業です。まだ社会のイロハも知らない新入社員なら、なおさらのことでしょう。「読むべきビジネス書 100」はその名の通り、社会人や新入社員が読んでおくべきビジネス書が紹介されているアプリです。

アプリでチェックできる本の数は、常時100冊。本のタイトルは次々と更新されていくので、今、役に立つビジネス書を知ることができます。松下幸之助『道をひらく』や、稲盛和夫『稲盛和夫の実学-経営と会計』のような、ビジネス書の定番から、秋元康『AKB48の戦略!秋元康の仕事術』、松本剛徹『ゼロからはじめるスマートフォン集客術』のような、新しいものまでバリエーションは多彩です。

なかには池上彰『伝える力』、川原慎也『これだけ!PDCA』のような、すぐに役立つノウハウ本や自己啓発本も含まれています。もちろん、ラインナップは日々更新。なので、ここで紹介したタイトルがずっとあるかどうかはわかりません…。

このアプリの中から気になった本をピックアップして読んでいけば、ビジネスマンに必要な知識やノウハウが身につくこと間違いなし!?

 

本によっては、詳細な紹介文も掲載されています

この記事で紹介しているアプリ

ノウハウ本 ビジネス書 自己啓発本 読むべきビジネス書 100