伝染病パンデミック、その末路は…

Android iOS
マップ上の赤い点が感染者を表します

以前、鳥インフルエンザの蔓延を防ぐために「水際対策」が行われましたが、ウィルスは目に見えないだけに恐ろしいですよね。もしも、「知らないところで広まっていたら…」なんて思うと、ゾっとします。でも、そんなゲームがあったんです。

ここでご紹介するアプリは、世にも恐ろしい伝染病で世界滅亡を目指すゲーム、「Plague Inc. -伝染病株式会社-」。遺伝子操作で病原体の感染力や発症力を高め、戦略的に感染を広めて、人類を滅亡へと追い込んでいきます。プレーヤーは人類滅亡を目論む“黒幕”となるわけです。

最初に選択した国に感染者が現れると、少しずつ感染が拡大。行き来する船や飛行機に乗って、世界中に広がっていきます。最初にどこに感染させるか、どのように病原体を進化させていくかがカギとなり、人類が滅亡したら勝ち。人類が「Cure」と呼ばれる特効薬を開発し、伝染病が根絶されたら負けというのがルールです。

伝染病が感染していく経路はリアルで、感染者数を表す赤い点が増えていく様を見るのはなかなか恐怖…。ゲーム的には負けに近づいていくのですが、「Cure」が開発され段々と感染者数が減っていくと、安堵の気持ちが生まれてくる人もいるかもしれません。

ただの風邪だってウィルス性伝染病の一種だと思うと、体調を崩したら人には会わないようにしたいもの。これが現実だったら…と思うと、夜も眠れなくなりそうです。

遺伝子操作で病原体の感染力や症状を強化

この記事で紹介しているアプリ

世界滅亡ゲーム 伝染病ゲーム 伝染病パンデミック 黒幕