やっぱりスゴい! Google製アプリ

Android iOS
イラスト/後藤亮平

スマートフォンで利用しているアプリの中には「あるのが当たり前」というくらい、超定番となっているものも。特にGoogleが提供しているアプリは、標準インストールされている場合も多く、意識的にダウンロードしていない分、使ったことがないという人も多いのでは? しかし、あらためて見直してみると、定期的に行われているバージョンアップにより、機能や使い勝手がかなり磨かれていることに気づき、ビックリすること間違いなし。今回は、意外な盲点ともいえる、進化&新たに登場したGoogle製アプリたちをご紹介しましょう。

まずご紹介したいのが、以前はシンプルなオンラインメモだった「Google Note」の進化版である「Google Keep」。カメラで撮影した内容をPDF化して保存したり、位置情報と連動したリマインド機能が利用できるようになっていたりと、できることの幅と使い勝手の良さが大きく向上しています。

機能向上という点では、オンラインストレージの「Google ドライブ」も見逃せないところ。オフィス系の書類を直接編集したり、Gmail宛に届いた添付書類の保存場所に指定できたりと、他のGoogleサービスとの連携が強化されました。

新たに登場したアプリでは、自分の関心にあわせて集まるニュースがカスタマイズされていく「Google Play ニューススタンド」もなかなか便利。RSSリーダーとしても活用できるので「Googleリーダー」のサービスが停止されて困っていた人にもオススメです。

特にビジネス用途では欠かせないサービスとなってくれそうなのが「クラウド プリント」。スマートフォンからネット経由で指定したプリンタに印刷することができるようになるので、外出先で編集した書類のプリントアウトを、会社に戻ってすぐ確認することも可能になります。

最後にご紹介したいのが、Googleアプリ定番中の定番といえる「Google検索」。通常のウェブ検索に加え、Googleマップやカレンダーなどの利用履歴を参照し、次の予定地までの経路や所要時間を自動的に教えてくれるパーソナルアシスタント機能「Google Now」が利用できるようになりました。特に「Google検索」が標準インストールされていないiPhoneユーザーには、試してほしいアプリです。

どれも今まで使いこなせていかなったことが悔やまれるほど、便利に進化しているものばかり。うっかり削除してしまっていた、という人は、急いで再インストールしてみましょう!

このテーマで紹介しているアプリ

Google公式アプリ Google提供アプリ Google検索