酷暑に備えよ!真夏の熱中症対策アプリ4選

Android iOS
イラスト/牧野良幸

ラニーニャ現象の影響で、例年以上の猛暑になるおそれがあるといわれている2016年の夏。ここ数年来、夏の常識となっている熱中症対策もしっかりとる必要がありそうです。今回は、定番アイテムからユニークなものまで、熱中症対策に役立つアプリを紹介しましょう。

外回りやイベントなどで一日中外に出る用事がある場合には、「太陽の位置とサンライズデモ」が便利。端末のカメラに映った映像に、予想される太陽の位置を重ねて表示させることができるアプリです。これを使えば、いちばん日差しが強い時間帯の太陽の位置がわかるので、キャンプ時にタープやテントで日よけをつくる際などに役立つはずです。

熱中症対策でもっとも重要なのが水分の補給。とはいえ、忙しくしていると水を飲むことを忘れてしまう場合も多いでしょう。「ドリンク水 Water Drink Reminder」のリマインド機能を使えば、一日に必要な量の水を、忘れずに飲むことができるようになります。

周囲の人が熱中症になってしまった場合に備えて「救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ」を用意しておくのも、重要な対策のひとつ。熱中症をはじめ、事故や災害時に起こりやすい様々なケガや病気の応急処置法を知ることもできます。万が一自分が熱中症になってしまった時、周囲の人にこのアプリを使ってもらってもよいでしょう。

最後に紹介するのは、外出時に適切な休憩を取ることができるカフェや施設を簡単に探すことができる「Yelp」。信頼できる口コミ情報がベースとなっているので、外れの少ないスポット選びができるはず。暑さに負けそうになる前に、休憩を取る習慣をつけておきましょう。

命にかかわることもある熱中症。対策を万全にすれば大事を防ぐことができるので、これらのアプリを活用し健康的な夏をお過ごしください!

このテーマで紹介しているアプリ

健康管理 熱中症予防 熱中症対策