時短実現!会議の効率UPアプリ5選

Android iOS


年末に向けて何かと忙しくなってくるこの時期。自分の用事だけでも立て込んでくるのに、こういうとき限って会議や打ち合わせの数も増えてくる。参加せざるを得ないとはいえ、できれば時間を短くしたり内容を充実させたりといった効率化を図りたいのではないでしょうか。今回は日程調整や議事録作成、時間を短縮する工夫まで、会議や打ち合わせの効率をアップさせるアプリを紹介しましょう。

まず紹介したいのが、その名もズバリ「日程調整」。メンバーが増えるほど面倒な会議や打ち合わせの日程調整を効率化するアプリです。利用する際にユーザー登録やメンバー招待をする必要がないため、メンバーが多くても面倒な作業なしで利用可能。日程調整のWebアンケート画面も簡単に作成できます。

会議の議事録作成を担当する機会が多い人にとって頼もしい味方となってくれるのが「Meeting REC AD」。録音した内容を発言者別に再生することができる、会議や座談会向けのボイスレコーダーアプリです。誰が、どのタイミングで発言したのかをビジュアルで確認できる“ダッシュボード”など、会議の振り返りに便利な機能が多数搭載されています。

1日に何件もの会議に参加しなければならない場合は、少しでも早く切り上げて自分の時間をつくりたいもの。そこで活用してほしいのが「会議短縮」。経過時間を示してくれるシンプルなタイマーアプリですが、実は画面に映される時間は“実際の経過時間よりも、長いタイム”。つまり、時間経過を早く示すことで、自然と会議の進行を急がせ、結果的に会議の時間を短縮させることができる、というわけ。一種のトリックを使った技ありアプリなんです。

会議の効率をアップさせるためには、メンバーのテンションを高める工夫も必要。特に、自由な発想が求められるブレインストーミングの場では「ブレスト会議が盛り上がる!『ほめる』ボタン」が役に立ってくれるはず。計60種の「褒め言葉」ボイスを巧みに操ってテンションをあげれば、よいアイデアを素早く引き出すことができるのではないでしょうか。

そして最後に紹介するのは、上記のアプリを活用しても効率化できなかった会議から抜け出すための最終手段として役立つ「ダミーコールfree-フェイク着信・偽着信アプリ」。一見、ダミーとは見抜けないリアルな着信画面が作成できるフェイクアプリです。次の予定が迫っている場合などは、このアプリを使ってスマートに脱出を図りましょう。

自分のためだけでなく、参加メンバーにとってもメリットが大きい会議の効率化アプリ。上司や後輩にも勧めてみてはいかがでしょう?

このテーマで紹介しているアプリ

ミーティング 会議 効率アップ 打ち合わせ