「アマゾンダッシュボタン」発売にネットユーザー衝撃

アマゾンの進化が止まらない! ※この画像はサイトのスクリーンショットです

アマゾンは12月5日、アマゾンの有料会員「プライム会員」を対象に、ボタンを押すだけで商品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」の販売を開始。ネットで大きな話題となっている。

「アマゾンダッシュボタン」は、食料品や飲料、洗剤などのブランドロゴが入ったボタン付きの端末。スマートフォンのAmazonショッピングアプリから必要な商品と個数を設定すると、Wi-Fi環境下であれば、ワンプッシュで注文することができるようになる。5日の販売開始時点では、トイレットペーパーやシェーバーの替刃など、40種類以上の有名ブランドのダッシュボタンがラインナップされている。

アメリカでは、2015年3月からすでに販売されており、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリスでも続々とサービスがスタート。日本経済新聞の記事によると、アメリカでは、ダッシュボタンによる注文数が過去1年で5倍になっているという。

家にいながら、ボタン1つで買い物ができるダッシュボタン。Twitterでは、

「Amazon!ダッシュ!!ボタン!!!とかいう機能がすごく便利そうだけど、どんどんダメになっていきそう」
「アマゾンダッシュボタンっつってお手軽すぎて怖い」
「アマゾンダッシュボタン やべぇw もはや便利を超えて 怖いw」

と、その便利さに衝撃を受けた人が多いもよう。

「個人的には王将の餃子ボタンか、天一のラーメンボタンが欲しい」
「アマゾンダッシュボタン、ビールとか出ないのかな 年齢確認必要なものはダメなのか」
「エナジードリンク系の Amazon Dash Button 出たらほしい」
「ダッシュボタン、スティックコーヒーと缶チューハイと鳥餌のがほしい」

と、ラインナップの拡充を希望するユーザーも相次いでいる。

なお、“猫や子どもが連打しそう”と心配する声も寄せられているが、ダッシュボタンには意図しない重複注文を防止できる設定が備わっており、商品が届くまでボタンを何度押しても「一回分の注文のみ」として扱われる。また、注文時には確認通知が届くことで、注文内容を確認した上でキャンセルも可能だという。

すでにその利便性から重宝している人が多いアマゾン。今回のボタンの登場でさらに一歩踏み込んで便利になり、ますますアマゾンなしでは生きられなくなる!?
(山中一生)

【関連リンク】
■Amazon Dash Button お気に入りの商品をワンプッシュで
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4752863051
■「アマゾンダッシュボタン」日本上陸 食品など簡単注文 – 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05I2T_V01C16A2TI5000/

Amazon iPhone アプリ スマホ ダッシュボタン