「都道府県の魅力度ランキング」群馬躍進に歓喜と困惑

昨年の“北関東3県ワースト3”の構図が崩壊

ブランド総合研究所は10月10日、国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に認知度や魅力度を調査した「地域ブランド調査2017」を発表。「都道府県ランキング」で群馬県が41位に躍進したことで、ネットをざわつかせている。

調査結果によると、1位は9年連続で北海道。2位はこちらも9年連続で京都府、3位は東京都がランクインした。10位までの顔ぶれは前年と変化はないものの、魅力度はいずれも上昇。他にも、兵庫県、広島県、宮崎県、山梨県、新潟県、福島県などが魅力度が上昇した。

そんな中、熾烈な争いを繰り広げてきた北関東3県に異変が起こっている。昨年最下位だった茨城県は、5年連続で今年も最下位。昨年46位の栃木県は順位を3つ上げて43位に上昇。驚くべきは、昨年45位だった群馬県が、今年は順位を4つ上げて41位にジャンプアップ。この躍進に、地元メディア「上毛新聞ニュース」が、「【速報】『魅力度ランキング』 今年の群馬は41位」の見出しで速報として報じたほどだ。加えて、去年39位からランクダウンした44位の埼玉県を上回る快挙を成し遂げた。

Twitterでは、

“埼玉さんはグンマーには勝てないんだよ?これが群馬愛だから”
“群馬と栃木が埼玉を抜くだなんて…天変地異の前触れか…(歓喜)”
“群馬41位!栃木や茨城の北関東勢に勝ったのはもちろん、なんと埼玉にも勝ったとは・・・。

と喜びの声が上がる一方で、

“魅力度ランキングの順位が上がった群馬価値はあるのか?”
“何故か今年の群馬は埼玉より上なんだけど、なんて言っても41位という中途半端なネタにもならないとこはヤダな”

と困惑も。

群馬県といえば“未開の地グンマー”として、「秘境」「栃木県と裸で戦う」などといじられてきた存在でもある。しかし、そうしたイメージを逆手に取って話題となったのが、“群馬愛”と北関東3県の地域間抗争を描いた漫画『お前はまだグンマを知らない』だ。今年3月には日本テレビ系でドラマ化、劇場版が7月に公開され大きな反響を呼んだ。

ちなみに今年6月に群馬県が実施した「平成29年度県政県民意識アンケート」内の「郷土群馬への誇りと愛着に関する調査結果」の速報値では、「群馬県のことを県外の人にどの程度自慢できるか」について「大いに自慢できる、まあまあ自慢できる」の回答が前回44.8%から61.2%に上昇。県民の“群馬愛”は、ますます深まっているようだ。

一見、群馬県の躍進は良いことであるようだが、今までのようにネタにできなくなるのは、一抹の寂しさがあるのかも…?
(山中一生)

■関連リンク
地域ブランド調査2017
http://tiiki.jp/news/05_research/survey2017

【速報】「魅力度ランキング」 今年の群馬は41位
http://www.jomo-news.co.jp/ns/2715075897272542/news.html

平成29年度県政県民意識アンケート調査結果(速報)
http://www.pref.gunma.jp/07/b21g_00027.html

グンマー ランキング 埼玉 群馬 魅力度