通勤が旅に? 東京メトロがバーチャル旅行アプリ公開

地獄のようなラッシュの辛さが少しは和らぐか
地獄のようなラッシュの辛さが少しは和らぐか
通勤・通学時間というのは基本的に退屈なものだが、それを少しでも楽しいものにするバーチャル旅行アプリ「tento.」を東京メトロがリリースした。

12月5日に公開された「tento.」は、普段利用している通勤通学の距離を記録し、その累積距離でバーチャル旅行を体験できるものだ。バーチャル旅行ができるのは、(1)東京マラソン、(2)国内のある文学作品にまつわるコース、(3)海外のある大陸を横断するコースの計3つ。これをすべてクリアすると、隠しコースが選択できるようになっている。

バーチャル旅行を楽しむには、まず「プロフィール設定」で、ニックネームと通勤種別(通勤・通学・その他)を入力し、「通勤コース設定」で自宅と勤務地または学校の最寄り駅を入力。コースを選択すると、自宅と勤務地または学校の最寄り駅の最短距離を自動的に算出し、それをもとにGoogleストリートビューが表示され、バーチャル旅行が体験できる。

東京メトロと言えば都内の大動脈。朝夕のラッシュが凄まじいことでも知られているが、「通勤時間を旅の時間に」というキャッチコピーの「tento.」に対し、Twitterには、

“面白そう!”
“こういうのも面白いかも。試してみよう”
“通勤電車ならではのアプリ”

といった声が寄せられており、興味を持つ人は少なくないようだ。マイページでは、バーチャル旅行コースで通過したチェックポイントや累積通勤距離などが確認できるほか、アプリにチェックインしている人同士がチャットで会話できる機能も搭載されている。くれぐれもバーチャル旅行に夢中になりすぎて、歩きスマホなどはしないようご注意を。
(金子則男)

■関連リンク
・東京メトロアプリ
http://www.tokyometro-app.jp/

アプリ バーチャル旅行 ラッシュ 旅行 東京メトロ 通勤