LINE「送信取消」実装で「告白の救済措置」が話題

LINEから生まれる恋もある? ※この画像はサイトのスクリーンショットです(LINE公式サイトより)

LINEは12月13日、メッセージアプリ「LINE」で誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能の提供を開始した。ネットでも話題になっているところだが、なかにはその機能を使い、告白する若者が増えるのではないかという声もある。

取り消し対象となるメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴。既読・未読にかかわらずメッセージを消去することができる。グループトークや複数人トークにも対応するほか、デスクトップ版にも対応する。

メッセージを取り消す方法は、誤送信したメッセージを長押しし、「送信取消」のメニューを選択するという簡単な手順。送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことが可能だ。ただし、取り消し後は、「メッセージの送信を取り消しました」という内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示される。加えて、相手がLINEの最新バージョンに更新していないと使用できないとのことなので、その点にも要注意だ。

Twitterでは、

“好きな女子に告白して、すぐに消すっていうチキンレース流行りそうw”
“既読が付く前に告白文を取り消して「…あぶねぇ~~~!!!」ってドキドキ身悶えする若者たちが増えるやつでしょう”
“告白のライン試しに送ってみて既読つかんかったら消して、既読付いたらあっ見つかっちゃったみたいなのが流行るのかな青春の真っ只中にいる子たちの中で”
“好きな人に好きってLINE送ってもバレないよ!?すぐ見られちゃってもそれはそれでいいじゃん!?とにかくこのシステムが告白を後押ししてくれるんだよ!”

といったように、妄想をふくらませるユーザーも多い。

抑えきれない気持ちを伝えたものの、やっぱり恥ずかしくなって消してしまい、でも相手からは「何?」などと聞かれ……。以前はLINEで告白することの可否について論争があったものだが、取り消し機能の実装によって、告白の形にも変化が起こるかも?
(山中一生)

■関連リンク
LINE、「送信取消」機能を本日より提供開始
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1975

LINE アプリ 取り消し 告白 機能