「文具女子博」に大興奮の文具女子たち 課題は大混雑か

文房具を愛する女子がこんなに多いとは… ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「文具女子博」公式サイトより)

学生時代はもちろん、社会人になってもお世話になるのが文房具。多くの人は、何気なく接しているはずだが、世の中には文房具を愛する人たちも存在する。そんな人たちを対象としたイベントが東京で行われ、多くの人で賑わった。

混雑を極めたのは、東京都大田区の東京流通センターで12月15日から17日まで開催された「文具女子博」だ。このイベントは、おなじみの文具メーカーから巷で噂の文具店まで、およそ80社が集い、2万5000点にもおよぶ文房具を紹介するもの。HPでは、「文具が好きなすべての女性に文具の魅力を体験し、その場で購入していただける日本最大級の文具の祭典」とうたっているが、男性も入場は可能だ。

ノート、ペン、鉛筆、クリップ、ふせん、ブックカバー、キャラクター商品、はんこ、メモ帳、レターセット、御朱印帳、マスキングテープ、ペンケース、家計簿、日記帳……とにかくあらゆるジャンルの文房具が揃った「文具女子博」は今回が初めての開催だったが、“文具女子”たちにとっては夢のようなイベントだったようだ。Twitterには、

“流通センターでやってる文具女子博にきてるよー 文房具いっぱいでテンション上がりすぎてる”
“文具女子博 抜け出せない沼のようだった。セーラーの限定インクとか重いのに買ってしまう。指紋を取るコロコロとか良かったー。昼前に入ったのに出たら夕日が美しかった…”
“文具女子博、本当にはあはあした。テンション上がり過ぎて、雨降らせてごめんなさい。本当に楽しかったです、あと買いすぎてレジのお姉ちゃん大変でごめんなさいでした!思い残すことはござらん!文房具最高!”

といった興奮のコメントが続々登場。

“文具女子博行きたかった…”
“文具女子博 関西でもやって欲しいなぁ”
“文具女子博、いいなぁ。 名古屋でもやって欲しいけど、ないだろうなぁ…”
“いいなぁ…地方民はレポート待ってます”

など、羨望の眼差しで見つめる人も相次いだ。ただし、混雑は凄まじかったようで、

“文具女子博、混みすぎだよ”
“文具女子博入場規制。むちゃくちゃ並んでる(笑)”
“文具女子博の列、ライブの物販の列かな???ってくらい並んでる”
“文具女子博混み混みすぎたーマステくじのブッフェ、列進まなすぎて諦めちゃった…。入るのにも30分弱かかったし1日時間開けとかないとこれは無理!”(原文ママ)

というレポートも寄せられている。この混雑ぶりを見る限り、イベントは大成功だったようだが、次回はより広い会場を確保することが絶対条件になりそうだ。
(金子則男)

■関連リンク
・文具女子博
https://bungujoshi.com/
・Yahoo!検索(リアルタイム) 「文具女子博」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCL6JhzDVabUsAqxtol_p7?p=%E6%96%87%E5%85%B7%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%8D%9A+&ei=UTF-8

イベント 文具 文具女子 文房具 混雑