Amazon新サービス検討で「AmazonTuber」登場!?

「AMAZONTUBE」はプライムサービスの1つ? ※この画像はサイトのスクリーンショットです(アメリカ合衆国特許商標庁サイトより)
「AMAZONTUBE」はプライムサービスの1つ? ※この画像はサイトのスクリーンショットです(アメリカ合衆国特許商標庁サイトより)
Amazonが、アメリカ合衆国特許商標庁(USPTO)に「AMAZONTUBE」なる商標に提出していたことが明らかになり、GoogleのYouTubeに対抗した新サービスではないかとネットがざわついている。

商標出願日の12月5日は奇しくも、GoogleがAmazonの「Echo Show」でのYouTube視聴を遮断する措置を行い、さらに2018年1月1日からは「Amazon Fire TV」でも遮断すると発表した日でもある。これは、AmazonがGoogleの「Chromecast」を販売せず、Amazonのプライムビデオが「Chromecast」に対応しないことへの報復措置とみられる。つまり、両社は、やられたらやり返すという殴り合い、いわば“ケンカ中”というわけだ。

そうした争いの最中に飛び込んできた「AMAZONTUBE」。USPTOで公開されている内容によると、ワイヤレス接続で音と映像を視聴できるがダウンロードは不可。写真、ビデオ、テキストなどをユーザー間でシェアできるといった情報が記載されている。全貌は明らかになっていないものの、YouTubeに近いサービスではないかと読み取ることができる。

Twitterでは、

“いくらYouTubeと対立してるからってamazontubeは大草原だよ”
“ガチンコで喧嘩するとして、googleの検索アルゴリズムからamazon関連を全部排除したらどうするのかね?今度は検索エンジンもやりだすのかね?全ては手に入らないよ?”
“泥沼の試合になった来たな。。ユーザー的に全くおいしくないんだけど。。”

と冷ややかな声が上がっている。

“レビュー系YouTuberがどう動くか。やっぱ対抗馬出てくるのもいいですよね”
“Amazonショッピングがあるから、商品紹介系YouTuber(この場合はAmazonTuberか笑)と親和性が高そう!”

と商品紹介系YouTuberの動向に注目しているユーザーも少なくない。

ドメインネーム情報を扱うメディア「Domain Name Wire」によると、Amazonは「AlexaOpenTube.com」や「AmazonAlexaTube.com」「AmazonOpenTube.com」の3つのドメインを取得しているということも明らかになっており、ますます新サービスが現実味を帯びてきている。

GoogleとAmazonは、音楽配信、クラウド、スマートスピーカー、TV視聴デバイス、音声アシスタントなど競合する分野が多く熾烈な争いが泥沼化している。ユーザーにとってメリットにならないケンカはいつまで続くのだろうか。

(山中一生)

■関連リンク
アメリカ合衆国特許商標庁(USPTO)
http://tsdr.uspto.gov/documentviewer?caseId=sn87709325&docId=RFA20171208082226#docIndex=0&page=1
Is Amazon preparing OpenTube to compete with Google’s YouTube as companies spar?
https://domainnamewire.com/2017/12/06/amazon-preparing-opentube-compete-googles-youtube-companies-spar/

Amazon AmazonTube Google YouTube アマゾン グーグル