海賊版サイト対策へのヒント Steam成功分析ブログが話題

違法コピーだらけだったPCゲーム業界で成功をおさめたSteam ※この画像はサイトのスクリーンショットです(Steamより)


ここ最近、出版業界が抱える大きな問題のひとつとして、違法にコピーした漫画や雑誌を閲覧することができる海賊版サイトの存在が挙げられるが、その問題解決のヒントになりそうなブログが話題だ。

海賊版サイトでは、有料で販売されている漫画や写真集などが作者や出版社の許可なく、無料で閲覧できる状態になっている。海賊版サイト側は、あくまでもネット上にアップされた違法なコピーファイルへのリンクを載せているだけであり、国交がなく、著作権が保護されていない国で運営されているので違法性はないと主張。とはいえ、公開されている漫画の著作権が侵害されているのは事実であり、日本漫画家協会は海賊版サイトを利用しないように呼びかけている。

そんななか、ゲームファンのJ1N1さんによるブログ『ゲーマー日日新聞』に投稿された「PCゲーム業界はいかに割れ厨に勝利したか Steamの”5つの戦略”」というエントリーに、海賊版サイト問題解決のヒントがあるのではないかと話題だ。

同ブログでは、違法コピーがまかり通っていたPCゲーム業界において、ゲーム配信サービス「Steam」がいかに成功したかを分析。流通の問題でゲームを購入できなかった人々にも安く入手できるようにしたうえで、より快適なゲームプレイ環境を提供。さらに、インディーズのゲーム制作会社をサポートするなどして、クリエイターを育てたという。

つまりは、ユーザーにとってより快適なサービスを提供することで、違法コピーユーザー(=割れ厨)に勝ったというSteam。このブログに対して、Twitterでは、

“言いかえれば不便を放置すると不正の温床になるわけだよな”
“「海賊版より良いサービスを提供する」ことに尽きると私は考える。 これマジで出版業界も見習うべき。間に合わなくなってもしらんぞー!”
“あぁ、なるほどたしかに。全ての出版社の全ての作品が高画質でかつ読みやすい形で提供してくれるプラットフォーム。これが実現すれば戦える気がする。頑張れ漫画業界。”(原文ママ)

など、海賊版サイトよりも快適な漫画サイトを出版社側で用意する ことが解決策になるとの意見が多い。また、

“素晴らしい分析。AV業界も参考になるんじゃないかなぁ”
“エロゲもやればいいと思うけどね。割れもそうだけど、中古対策にもなる。”

と、一部の無料アダルト動画サイトに発売直後の新作が多数アップされてしまうアダルトビデオ業界や、Steamのようなサービスがないアダルトゲーム業界での海賊行為対策にもなるとの声もあった。

いずれにしろ、海賊版サイトの問題は深刻であり、早急な対策が必要。そのためにSteamの成功から学ぶべきものは多そうだ。
(小浦大生)

■関連リンク
・PCゲーム業界はいかに割れ厨に勝利したか Steamの”5つの戦略” – ゲーマー日日新聞
http://arcadia11.hatenablog.com/entry/2018/03/07/070000

・Steam へようこそ
http://store.steampowered.com/?l=japanese

・「PCゲーム業界はいかに割れ厨に勝利したか」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=PC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E5%89%B2%E3%82%8C%E5%8E%A8%E3%81%AB%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8B

写真集 海賊版 漫画 著作権 違法