3キャリア「+メッセージ」 MVNO非対応、楽天は? 気にする声

LINEには対抗できないという声も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです(NTTドコモ公式サイトより)
LINEには対抗できないという声も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです(NTTドコモ公式サイトより)
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯キャリア3社は4月10日、SMSを進化させた新しいメッセージアプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日から提供すると発表した。ネットではMVNO(仮想移動体通信事業者)の非対応に落胆の声が上がっている。

「+メッセージ」は、スマートフォン・タブレットの電話番号を利用し、文字、スタンプ、写真、動画などを3社の自社同士あるいは他社間で送受信できるコミュニケーションサービス。

これまでのSMSでも、他社の携帯キャリア間で最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信することができたが、「+メッセージ」では、最大全角2730文字までのテキスト、最大100MBまでのファイル、スタンプ、地図情報など送受信できるようになる。チャット形式でメッセージのやりとりができ、複数人同時でのグループメッセージも可能だ。

アプリのダウンロード後は、会員登録などの複雑な手続きなしで利用できる。利用する機種の電話帳データと自動で連携することで連絡先が表示され、相手も「+メッセージ」アプリを利用している場合にはアイコンで判別できる仕組みだ。

対応機種は携帯キャリア3社のスマートフォン・タブレットで、OSはAndroid 4.4以上、iOS 9.0以上。なお、MVNOについては、「MVNOなどへの提供についても、導入希望に応じて検討を進めていきます」と、いまのところ対応がいつになるかは明らかになっていない。

Twitterでは、

“プラスメッセージはMVNO非対応かー。そもそも5年は遅いサービス化だけど、LINEインストールするのに抵抗感ある私みたいな人向けには良さそうなのに残念。”
“今さら感はあるものの、LINE嫌いなので「+メッセージ」には多少期待している。MVNOは当面蚊帳の外っぽいけど。”

と期待するゆえにMVNO非対応には落胆する声が上がっている。さらに、

“新キャリアになる楽天モバイルは、+メッセージに参加するのだろうか?”
“楽天を置き去りにするため3キャリアで早いうちに、、、みたいな感じがあまり好きくない。”

と、”第4のキャリア”として携帯事業への参入が決まっている楽天が漏れていることを気にする声もあった。

サービス開始時点ではMVNOは非対応のようだが、その後は対応するのだろうか。楽天の動向とともに、注目される。

(山中一生)

■関連リンク
+メッセージ
https://www.nttdocomo.co.jp/service/plus_message/

+メッセージ au KDDI NTTドコモ ソフトバンク