ローソンセルフ決済導入 ”共通規格”望む声続出

セルフ決済は従業員の業務量削減にも一役買いそうだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです(ローソン公式サイトより)
セルフ決済は従業員の業務量削減にも一役買いそうだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです(ローソン公式サイトより)
ローソンは4月11日、東京都内の3店舗にて、店内でセルフ決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したサービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を4月23日~5月31日の期間限定で開始すると発表した。ネットでは関心が集まるとともに、不満の声も見られる。

「ローソンスマホペイ」は、あらかじめスマホにローソン公式アプリをダウンロードし、商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービスだ。

操作手順としては、まず利用時にアプリを起動し、対象店舗の自動検出もしくは店舗用QRコードを読み取ることでチェックインしたあと、購入する商品のバーコードをアプリ専用リーダーで読み込み、クレジットカード、楽天ペイ、Apple Payから選択し決済する。決済が完了すると退店用QRコードがスマホに表示され、それを店頭の専用読み取り機にかざすと、退店画面とともに電子レシートが表示されるといった流れとなる。

実証実験では、日中の時間帯はレジの混雑緩和を目的にローソンスマホペイと有人レジを併用。深夜で来客の少ない時間帯の午前1時~4時に限り、従業員のレジ作業を軽減することを目的としたレジ無人化を実施する予定だ。

Twitterでは、

“うーん、専用アプリはめんどうだけど、これがほかのコンビニでも共通やったら最高やな”
“こういうことされると、利用者側としては「セブンはこっちのアプリでローソンは。。。」ってなるからとても面倒くさい。”

と専用アプリを不満に感じる声が上がっている。

“はい流行らないー 手間が多過ぎる 無人にするなら自販機置いておけ”
“みんなが使えば混雑なくなるかも知らんけど、使わなそー。買うほうが今より手順増えたら意味ない気がする。”

と手間の多さを指摘する声もあった。

実施店舗はローソン晴海トリトンスクエア店(中央区)、ローソン大井店、ローソンゲートシティ大崎店(ともに品川区)の都内3店。2018年度下期以降をめどに、全国の顧客ニーズがあり効果が見込める店舗にも導入を検討するという。

コンビニのセルフレジ決済が普及すれば、レジに並ぶストレスは解消されるかもしれないが、今後は”専用アプリの乱立”が課題となりそう。ユーザーが望むコンビニ共通の規格が実現してほしいものだ。

(山中一生)

■関連リンク
ローソンスマホペイ
http://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1328685_2504.html

セルフ決済 ローソン