ドコモ「マンホール型基地局」に期待大! 「発想の逆転」驚きの声

次世代通信「5G」に期待を寄せる声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです(NTTドコモ公式サイトより)
次世代通信「5G」に期待を寄せる声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです(NTTドコモ公式サイトより)
NTTドコモは4月11日、国内初となるマンホール型基地局の試作機を開発し、すでに3月6日から実証実験中であると発表した。ネットでは驚きの声が上がっている。

既存の基地局は、観光地や景勝地などではアンテナ設置に適した建物がなく、人の目につかないように通信設備を設置することが難しいため、安定した通信サービスエリアの構築が困難だった。また、人の集まる場所とあって、通信速度の低下という問題も抱えていた。

「マンホール型基地局」であれば、サービスエリアを最大化しながら、基地局の真上に人が立った状態でも、基地局からの電波の強さが電波法令を満たすことができる。70cmの深さの穴に約29cm×約17cm×約7.5cmの装置を設置、これによりアンテナは地下10cmの位置となる。穴は樹脂製の蓋で覆われ、装置への光回線の接続および電源の確保は、埋設された配管により地上から引き込む仕組みだ。周波数は1.5GHz帯(BAND21)を用い、最大スループットは下り150Mbps、通信エリアは半径90m程度。

Twitterでは、

“基地局は高いところにあるのが良いという発想を逆転させてる。面白そうだなあ。”
“この「アンテナは高い所にあって電波は上から飛んでくる」って既成概念に近いモノをぶっ壊しにくる感じ、凄い面白いっすね。”

と驚きの声が相次いでいる。さらに、

“電線が無くなるように携帯基地局も目に触れなくなっていくのかな。景観は凄く良くなるよなぁ。先進的で良いわ”
“アンテナや電柱が減って景観を維持出来るのは素晴らしいと思う。ただ、公道とかの場合は法律や条例が絡んでくるから大変なんだろうなぁ。”

と景観保全につながることを称賛する声もあった。

初の実証実験は北海道札幌市で実施し、積雪環境が運用に与える影響を検証中。今後、高温環境やトラフィック負荷が運用に与える影響の検証も行う見込みで、夏頃には沖縄県南城市、冬頃には東京都渋谷区を検証し、2018年度末に完了する予定だ。将来的な次世代通信「5G」への技術応用も見据えているという。

景勝地の景観を保持しながらも、基地局設置が難しかった地域の通信環境の改善が見込めるマンホール型基地局。その発想に多くのユーザーが驚かせられたと同時に、期待も高まっている。

(山中一生)

■関連リンク
国内初、マンホール型基地局の試作機を開発
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/04/11_00.html

NTTドコモ マンホール 基地局