「Netflix」vs.「カンヌ」 「映画とは?」議論に発展

カンヌ国際映画祭のコンペティション部門の出品作品は4月12日に発表された ※この画像はサイトのスクリーンショットです(カンヌ国際映画祭公式サイトより)


4月11日、動画配信サービス「Netflix」が、カンヌ国際映画祭への作品出品をしない方針を示し、話題となっている。

NetflixのCCO(Chief Content Officer、最高コンテンツ責任者)であるテッド・サランドス氏は雑誌のインタビューで、カンヌ国際映画祭がフランス国内で劇場公開しない作品をコンペティション部門から除外する新ルールを導入したと説明。これによって、Netflixで独占配信されている作品がコンペティション部門に出品できなくなり、カンヌ国際映画祭そのものから撤退するに至ったという。

フランスの法律では、劇場公開から3年間はストリーミング配信が禁じられており、このようなルールの影響もあると思われる今回の騒動。Twitterでは、

“映画好きとして正しい発言なのかはわからないけれども、Netflix製作の映画を認めないというのは貧しい考えな気がするし、カンヌ自体の評価を下げてるような気がするな。これじゃあ映画は滅びる。”
“Netflixの作品はカンヌに出品されないことが発表されたけど、これってカンヌの衰退の始まりではないだろうか。経済や政治で考えると、グローバル化を否定したと同じ。現代では通用しないのは明白。”

と、Netflixを締め出す形となったカンヌ国際映画祭に対する厳しい声もあれば、

“もうNetflixが直轄の映画館建てちまえばええんちゃう?”
“フランスの気持ちもわからんでもない。しかし、あのNetflixの割には頭固いな。ネトフリ会員限定の配信上映会やるぐらいのジョークを効かせるイメージがあったんだけど。”

など、Netflixには“皮肉”で対抗してほしかったという意見も。また、

“映画館で上映するものだけを、映画だと言い切るのには、やはり抵抗を感じる。オクジャはとても素敵な作品でした。けれど、映画館は大好き。映画はやっぱ劇場で見なきゃ派でもある。カンヌとNetflixの対立、とても考えさせられる問題だなあ。”
“Netflixは正直凄い かといって映画は映画館で観るべしと言う観念も根強くあるから、映画好きとしては動画配信サービスに対して複雑な気持ちがあるんだぜ”

などと、「劇場で公開されているものだけが映画かどうか」といったテーマも含め、“映画”とは何なのかという議論にも発展している。

ちなみに、昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門では、Netflixオリジナル作品『オクジャ』が出品されたが、上映時には一部からブーイングが起こる一幕もあった。

もしも、今後ネットでの動画配信サービスがさらに普及すれば、カンヌだけでなくすべての映画祭が、劇場公開されていない作品を無視できなくなるはず。映画祭のあり方を考える意味も含めて、Netflixとカンヌ国際映画祭の対立は興味深いものだといえそうだ。
(大塚ナギサ)

■関連リンク
・Netflix、カンヌ映画祭不参加へ 「不当な扱い受ける恐れ」 – AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3170941

・Festival de Cannes – Site Officiel / Institutionnel
http://www.festival-cannes.com/fr/

・Netflix
https://www.netflix.com/

Netflix カンヌ国際映画祭 フランス 動画配信サービス 映画