お盆休み、「何してたの」という質問が辛い… 嘆く声

ダラダラバンザイ! ※画像はイメージです
ダラダラバンザイ! ※画像はイメージです
8月16日、旧盆期間が終了。お盆休み、あるいは夏休みを取得した人も多いだろう。そんななか、大手掲示板「5ちゃんねる」に14日、”ワイ社会人、「盆休み何してたの」が怖い”というスレッドが立てられていた。

休みの過ごし方は人それぞれであり、ただただゆっくり”休んで”いてもいいはずなのに、夏季の(長期)休暇には、「夏らしいこと」「遠出」をするのが”定番”という雰囲気があるのは確か。「何してたの?」という声はもとより、「どこかへ行ったの?」という質問もよく聞かれる。あるいは、これから休みを取得するという人には、「何か予定あるの?」「どこか行ったりするの?」という質問も”あるある”だ。

お盆には帰省したり、お墓参りに行ったりと、そもそもの目的があるという人もいるだろう。また、夏といえば海や山といったアウトドアも楽しい季節だし、普段なかなか行けないような場所でバカンスを過ごすのも魅力的かもしれない。ただし、取り立てて何も計画していないという人にとっては、「何してたの?」「何するの?」という質問は、実に答えにくいもの。それをぼやく声は5ちゃんねるだけではなく、Twitterにも多い。

実際に質問されて「返答に困る」という声のほか、あまりにいつもながらの質問であるため、今回も聞かれることを予想する人からは「質問されたら答えるの気まずい」という嘆きも。はたまた休みをとったかどうか確認していない相手から、当たり前のように「何してたの?」と聞かれてややイラッとした経験を明かす人もいる。

とはいえ、実際に聞かれたら「ゲームばかりしていました」「漫画三昧でした」「何もしていません」など、ありのままに答えるほかない。すると質問者は大体「いいですね~」「ありだと思います」などと肯定してくれるもの。別にみんながみんな、”何かするのが当たり前”という思いで質問しているわけではなく、もちろん相手を気まずい思いにさせる意図は毛頭ないのだ。

しかし、なかにはひとしきり羨ましがった後、「私なんて…」と続け、自分の意志とは無関係に旅行に行く羽目になったことを報告する人もいるようで、それを鬱陶しく思ってしまったという声も。休むのが苦手とされる日本人。休みの過ごし方をトークするのも、イマイチ得意でない人は多いのかもしれない。

(花賀 太)

■関連リンク
ワイ社会人、「盆休み何してたの」が怖い‐5ちゃんねる
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1534217372/

お盆休み 夏休み