北海道地震、修学旅行予定の生徒にも影響 「中止」「延期」決定さまざま

「平成30年北海道胆振東部地震」と名付けられた9月6日未明の大地震 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(気象庁「地震速報」ページより)


9月6日、北海道で最大震度7を観測した「平成30年北海道胆振東部地震」。地震が起きたときに北海道を修学旅行中だった学校も多く、SNSには当事者と思われる生徒から「ヤバイ」「ホテルに缶詰状態」などといった不安や当時の状況が投稿された。また、親や友人などによる心配の声も多数あがっていたが、その後無事に帰宅したという報告も多い。さらに、停電などで道民も大変ななか、自分たちを無事に帰してくれた北海道の人たちに感謝する声も散見された。

一方で、今後予定していた北海道への修学旅行はどうなるのか、気にする声も見受けられる。

9月11日あたりから後半にかけて北海道を訪れる予定の学校は多かったようで、「もう修学旅行北海道無理かも」「来週から行く予定だけど、どうなるの」という声が続出。そんななか、学校の決定は分かれるようだ。「延期」するという学校もあれば、余震やインフラ状況を鑑み「中止」する学校も。

もちろん生徒の安全を考えた決定として、行き先によっては中止も仕方がないこと。延期や行き先変更といっても、あまりに急なことで対応できない事情もあるだろう。しかし、やはり学校生活の一大イベントであり、楽しみにしていた修学旅行が中止になったことを残念がる生徒は少なくない。一方で予定通りに行う学校もあり、「中止になると思っていたら、学校からは決行予定という連絡があった」という高校生の親たちは、大丈夫なのかと気をもんでいる様子。

行けなくなった生徒のなかには、「大人になったら絶対北海道に行く」と、いつかの日を楽しみにする声もあれば、何か北海道のためにできることを模索しようとする声も。人気の観光地である北海道の被災は、多くの生徒の気持ちにも影響したようだ。

(花賀 太)

■関連リンク
北海道へ修学旅行の米内沢、前田小児童は無事 6校取りやめ‐秋田魁新報
https://www.sakigake.jp/news/article/20180906AK0019/

修学旅行、北海道地震で中止…物産展開催危機も‐読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180908-OYT1T50021.html

気象庁|平成30年北海道胆振東部地震の関連情報
https://www.jma.go.jp/jma/menu/20180906_iburi_jishin_menu.html

2018年 9月 6日03時08分 – 気象庁|地震情報
https://www.jma.go.jp/jp/quake/20180905181257395-06030805.html

修学旅行 北海道 地震 災害 高校