Google「Inbox」が来年3月に終了 「いまさらGmailに戻れない」と嘆く声多数

一度使い慣れたものを変えるのはなかなか面倒だが… ※画像はサイトのスクリーンショットです(Inbox公式サイトより)


米Google社が9月12日(現地時間)、メールアプリ「Inbox」を2019年3月に終了し、今後は「Gmail」に一本化すると発表した。

2014年にリリースされたInboxは、GoogleがGmailで得た知見をもとに開発されたアプリである。リマインダー機能や指定したタイミングでメールを再表示するスヌーズ機能などが実装されていた。

ところが、2018年4月にGmailで大幅アップデートが行われ、Inboxの機能の一部がGmailでも使えるようになったのだ。こうした流れもあってか、Googleは「誰にとっても最高の電子メール体験をもたらすため、Gmailに重点を置く」として、Inboxを終了すると発表した。

ネット上では、Inboxを愛用するユーザーたちから嘆きの声が続出。現在Inboxをメインで使っているため困る、久しぶりにGmailを使ってみたけど使い勝手のよさはInboxに到底及ばないといった声や、今後どのメールアプリに移行すればよいのかわからないと戸惑う声、Gmailのメール一覧に広告が表示される点への不満などが挙がっていた。

これまでInboxを使っていたユーザーたちは、どのようなポイントを便利だと思っていたのか。Twitterでは、受信メールに対して既読・未読のほかに「完了」というフラグがつけられたことで、多くのメールをさばけた点や、日や月ごとに一括アーカイブできたこと、すべてのメールを「完了」にするとお天気マークが出るのが良かったなどといった、さまざまな利点が挙げられている。

なかには、この終了を予想していたというユーザーも存在。前回のGmailのアップデートでInboxに使われていた機能が追加されたことで、いい部分を吸い取ったところでInboxを畳むのではないかと思っていたとの見方を示していた。

Inboxの終了後、Gmailに一本化するにあたって、同社のヘルプページでは「Inboxの機能をGmailで使用する」「Inboxに似たGmailの機能を試す」という説明を添えているが、Inboxの機能がすべて使えるようになるわけではない。Inboxに使い慣れたユーザーから「どう責任をとってくれるんだ」とボヤきも挙がるなど、反響は大きいようだ。

(飛鳥 進)

■関連リンク
・Google、メールアプリInboxを2019年3月に終了。Gmailへの移行ガイドを公開
https://japanese.engadget.com/2018/09/16/google-inbox-2019-3/
・Inbox by Gmail ヘルプ
https://support.google.com/inbox/answer/9117840
・Inbox
https://www.google.co.jp/inbox/

Gmail Google Twitter メールアプリ 不満