ネスレ日本が宅配事業参入 一般人配達に懸念の声も

革新的な試みに注目が集まっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「MACHI ECO(マチエコ)便」公式サイトより)
革新的な試みに注目が集まっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「MACHI ECO(マチエコ)便」公式サイトより)
ネスレ日本は佐川急便と共同で新・宅配サービス「MACHI ECO(マチエコ)便」を10月1日にスタートすると発表した。

「MACHI ECO便」は、従来の宅配業者によって直接配送される形態をとらず、各地域の人々の協力のもと中継点として「ECO HUB(エコハブ)」を設ける点が最大の特長だ。

サービス利用者は、近所のECO HUBを専用サイトで検索することができ、自分のニーズに合った配達方法や場所を選択できる。例えば、「近所のECO HUBに商品を取りに行く」もしくは「近所のECO HUBから商品を配達してもらう」のを選ぶといった具合。「商品を取りに行く」場合は、商品代金から割引され、ECO HUB側も手数料が還元される。

開始当初は、ネスレの商品が対象となるが、P&Gやファンケルなどが参加する予定。サービス地域は、東京都港区、品川区、千代田区、中央区、新宿区、渋谷区の6区。大阪は北区、中央区、福島区、此花区の4区でサービスを開始し、地域は順次拡大していくという。なお、東京都内には専用の宅配ロッカーの設置も行う。

ネスレ日本によると、ECO HUBを拠点とすることで、急速に成長するEコマース市場を背景とした人手不足や環境についての問題解決、および、同じ地域の人と人がつながる、世代の枠をこえた地域のコミュニティの創出を目指す試みだという。

SNSでは様々な声が上がっており注目度の高さがうかがえる。良い取り組みであるという見方の裏で、一般人に住所などの個人情報を知られるリスク、近所の人とはいえ怖いという懸念の声も出ているようだ。

在宅率の高いシニア層の活躍が期待される宅配サービス。超高齢化社会とあって、懸念点さえクリアできれば、今度大いに普及していく可能性を秘めているといえそうだ。

(山中一生)

■関連リンク
「MACHI ECO(マチエコ)便」
https://machieco.jp/

MACHI ECO ネスレ 宅配