食品サンプルがスマホのケースに!

ひとつひとつが職人さんの手作り。微妙に個体差がでているところも味のひとつ。カバー部分の素材はシリコンを使用、対応機種はホームページで確認を

街の食堂やデパートのレストランで存在感を示すあいつ。それは、入り口付近のショーケースに入った“食品サンプル”です。最近では、キーホルダー化したものが、外国人観光客のよいお土産になったりしているなど、本来の目的とは異なるシーンで人気がでているのだとか。その極めつけが、スマートフォンのケース。

なかでもオススメしたいのが、食品サンプルを作り始めて50年以上の老舗、つかさサンプルから発売されているシリーズ。餅は餅屋ということわざもあるように、リアル感がハンパじゃありません。ただ、美味しそうな食べ物がスマートフォンにくっついているさまは、ちょっとシュールです。

ラインアップは多種多様。白いご飯の上に卵が鎮座ましましている「卵かけご飯」やみんな大好き「野菜ごろごろカレー」、「シャケがのったのり弁」など。ちょっと豪華に「ビーフシチュー」や「うな重」も良さそうです。スイーツ男子なら「フルーツたっぷりのタルト」や「鯛焼き」なんてどうでしょう。

ちなみに、個人的に気に入ったのは男らしさNO.1の“厚切りステーキ”。お肉のレア感や焦げ目、脂身なども再現されていて、残業中におなかが減っていたら、思わずかぶりつきたくなるくらいの出来映えです。

スマートフォンに美味しそうな食べ物がくっついていたら、目立つこと間違いなし。「カレー、好きなんですか?」なんて会話で盛り上がることもあるかもしれません。ただ、ダイエット中の人は、ご使用に注意あれ。

(コージー林田)

『食品サンプルデコケース』(つかさサンプル/2700~3900円)

スマートフォンケース 食品サンプル