様々な情報が映し出されるゴーグル

『AirWave1.5』(オークリー/価格:6万5100円)
バッテリーは最大で6時間の駆動が可能。日本人の顔に合う形状で優れたフィット感を実現している。ディスプレイの操作はリモコンを使って行う。ボタンは大きめでグローブをつけたままでの操作も可能。動作環境は、Androidスマートフォン バージョン4.1以降またはApple iPhone 4S 以降

寒さもより厳しくなり、冬本番を迎えたところ。ウインタースポーツの愛好者にとってはうれしい気候になってきました。定番のスキーやスノーボードを楽しんでいる人も多いと思います。そんななか、地図を見たり、音楽を聴いたり、友人同士で連絡を取ったりとゲレンデでもスマートフォンは大活躍をしていることでしょう。

しかし、着こんでいる上にグローブをしていたりと、スマートフォンを操作するときには、いろいろと手間取り面倒を感じることも…。今回紹介するのは、そんな面倒を解消してくれるアイテムです。

サングラスやゴーグルの定番メーカーであるオークリーから発売された『AirWave1.5』は、一見すると普通のゴーグルですが、なんとヘッドマウントディスプレイが備えられており、1.5m先にある14インチのモニターを見ているような感覚で様々な情報を確認することができるんです。

例えば、Bluetoothでスマートフォンと連携すると、電話の着信やSNSのメッセージなどを表示。また、音楽プレイヤーのコントロールも可能で、できるだけポケットからスマートフォンを出さなくていいように工夫されています。

さらにスゴいのは、ゴーグル自体にGPSや加速度計、気圧計、ジャイロセンサーが内蔵されており、気温や高低差、傾斜角度、滑走距離、速度などの確認ができるということ。また、スノーボードでトリックを決める人は、ジャンプ時の高さや飛距離、滞空時間まで確認できます。

便利な機能はまだまだあります。なんと、全国41個所の有名スキー場のリゾートマップに対応しており、ダウンロードすれば、自分が現在滑っているコースや、興味のある新しいコースをピンポイントで探すことが可能。このマップ上には、ペアリングされた別の『AirWave1.5』、または、『AirWave1.5』の専用アプリをダウンロードしてペアリングしたスマートフォンを持っている人の位置が表示されるので、仲間の現在位置を瞬時に知ることもできるんです。

もちろん、光学性能や耐衝撃性、かけ心地などは、ゴーグルを知り尽くしたオークリーだけに文句なし。曇りを防いでクリアな視界を保つだけでなく、眼に有害な紫外線と青色光も100%カットしてくれます。

近未来を感じさせてくれるゴーグルが、今年のウインタースポーツをもっと楽しくしてくれるかもしれませんよ。

(コージー林田)

『AirWave1.5』(オークリー/価格:6万5100円)

AirWave1.5 ウェアラブル ゴーグル