人気の撮影スマホグッズTOP5

本体のサイズは、直径20×高さ11.5mm。人気色はブラックだがシルバーも存在するので、スマートフォンの色に合わせて選びたい

様々なことができるスマートフォンですが、なかでも便利な機能のひとつが、「カメラ機能」です。最新機種が登場するたびに進化するその性能は、コンパクトカメラに勝るとも劣りません。記念写真の撮影やSNSへの投稿に利用している人は多いでしょう。そんなアナタの写真を、より素敵にする方法があるんです。それは、スマートフォンカメラ用グッズの活用。そこで、AppBank Store 新宿での「撮影グッズ」売り上げベスト5(2013年11月期)をもとに、人気のグッズを紹介します。

第1位:ワイド0.68×&マクロレンズ1.5× マグネット式 KTDF-CM-068BK

広い風景を撮れる“ワイド”と花などの被写体に接近して撮れる“マクロ”のコンバージョンレンズセットです。レンズにはマグネットが仕込まれていて、スマートフォンのレンズ部分に貼り付けた薄い金属プレートに磁力で装着、簡単に取り外しが可能です。ワイドレンズは、風景をダイナミックに撮影できるだけでなく、狭い室内で集合写真を撮るときなどにも活躍します。また、マクロレンズを使うと、被写体に寄ってアップで撮れるので、いつもとはまったく違う視点の写真が撮れたりして面白いですよ。

第2位:グリップ付き一脚 monopod

先端にスマートフォンを付けて、最大約110cmまで伸ばすことができる一脚です。セルフタイマーを駆使すれば、一人旅でも後ろの風景を入れた自分撮りができたり、観光地などの人混みが多い場所では頭上まで上げての撮影ができたりします。最近は、スマートフォンカメラ用のリモコンも発売されているので、それらを併用すると利便性がさらにアップするでしょう。ちなみに、普段の長さは約21.5cmなので、カバンに収納できるサイズなのも嬉しいポイントです。

第3位:GIZMON Apple au SoftBank iPhone iPad iPod Touch対応 ケーブルレリーズ

ケーブルを利用した小型のリモートシャッター、フィルムを模した形状もキュートです。使い方は簡単で、製品本体につないだケーブルをiPhoneのイヤホンジャックに差し込むだけ。あとは、本体のスイッチを押せばカメラのシャッターが切れます。カメラから離れてシャッターボタンを押すことができるレリーズは、そもそもシャッターボタンを押したときのブレを軽減するときに使うもの。このアイテムも、iPhoneでの夜景撮影にピッタリです。

第4位:PIXI ミニ三脚 ブラック

開脚時の高さは13.5cmとコンパクトなサイズながら、抜群の安定性を誇るミニ三脚です。ボタンをワンプッシュするだけで雲台を動かすことができ、ボタンを放すとロックされるので、直感的にすばやく角度調整が可能です。基本的には、1/4インチカメラネジでコンパクトデジカメやミラーレス一眼を取り付けるのですが、別売りのアタッチメントを使えば、iPhone5を取り付けることもできます。

第5位:フィッシュアイ0.28×&マクロ1.5× マグネット式 KTDF-CM-028BK

第1位で紹介したレンズセットの画角が異なる商品です。1位のワイドレンズは81度の画角でしたが、こちらは、150度の画角でかなり広い範囲の撮影が可能。いわゆる、「魚眼レンズ」と呼ばれるレンズで、写真の周辺がちょっとゆがんだような独特の雰囲気の一枚を撮ることができます。

最近のスマートフォンは、普通に撮っても十分キレイな写真を撮れるのですが、よりこだわりの一枚を求める人は、グッズを上手く活用してみてはどうでしょうか。
(コージー林田)

グッズ ランキング