2014年3月電子書籍ランキング【総合編】

フェードを極めてシングルになった達人たちのインタビューも掲載。これからゴルフを初めてみたい方は、手始めに読んでみてもいいかも

3月下旬から急に暖かくなり、4月に入って一気に春が押し寄せてきましたね。屋外での読書にもってこいの季節です。桜の下、スマホやタブレットで読む電子書籍もなかなかオツだと思いますよ。それでは、2014年3月の電子書籍「総合」ランキングを見てみましょう。

■2014年3月電子書籍「総合」TOP10(honto調べ) ※2014年3月20日現在
1位 『週刊ゴルフダイジェスト』 2014/4/1号
2位 『週刊パーゴルフ』 2014/4/1号
3位 『ルーズヴェルト・ゲーム』(池井戸潤)
4位 『ダイヤのA(40)』(寺嶋裕二)
5位 『我妻さんは俺のヨメ(10)』(蔵石ユウ、西木田景志)
6位 『山田くんと7人の魔女(11)』(吉河美希)
7位 『聲の形(3)』(大今良時)
8位 『NHKラジオ ラジオ英会話 2014年4月号』
9位 『鈍色の空、ひかりさす青』(崎谷はるひ)
10位 【セット商品】『花咲舞が黙ってない』原作セット ※原作は池井戸潤の短編集

1位は、『週刊ゴルフダイジェスト』4/1号。巻頭特集は「シングルたちは、フェードを選んだ!」です。フェードとは、ボールの軌道を右に変化するようにショットすること。「安定して90を切りたい! 70台を狙いたい!」と願うなら、実はこのフェードを極めた方が近道だとか。続く2位もゴルフ雑誌の『週刊パーゴルフ』4/1号。暖かくなってきたので、屋外でゴルフを楽しみたいと思う人たちが増えてきたのでしょうか? 電子書籍なら、コースに出た時も、メールをチェックする振りをしてこっそりスマホでポイントを読み返せそうですね。

3位は、「半沢直樹」シリーズの著者・池井戸潤さんの小説『ルーズヴェルト・ゲーム』。会社の経営が傾き、廃部の危機にある中堅メーカー・青島製作所の野球部。リストラ敢行、監督の交代、ライバル企業からの合併提案…青島製作所は、そして野球部は、この難局をどう乗り切るのか? 今回も極上のエンタメ小説を楽しめますよ。ちなみに4月27日(日)夜9時~TBS系「日曜劇場」で、唐沢寿明さん主演でドラマ化されるそう。

以下、野球マンガ『ダイヤのA』40巻、ラブコメマンガ『我妻さんは俺のヨメ』10巻、オカルト少年マンガ『山田くんと7人の魔女』11巻、社会派学園マンガ『聲の形』3巻とマンガが続き、スポーツとマンガが上位を占めました。

ちなみに、10位にランクインしている『花咲舞が黙ってない』原作セットは、これまた池井戸潤さんの短編集。女性銀行員の花咲舞が、銀行内の不正や事件を暴き、解決するという、“女性版・半沢直樹”的なストーリー『ルーズヴェルト・ゲーム』と同じく、日本テレビ系で4月16日~同タイトルのドラマが放送予定です。

いかがでしたか? 春らしいスポーツと新作ドラマの原作が中心となった今回のランキング。気になったものがあれば、ぜひダウンロードしてみてください。

(島尻明典/verb)

ゴルフ ドラマ原作 ランキング 総合 電子書籍