クラウド時代の“新”音楽管理術

iTunes Matchの登録はiTunesの「Match」タブから。事前にクレジットカード情報の登録が必要となる
※この画像はサイトのスクリーンショットです

CDを買って、音楽データをパソコンに取り込み、スマホと同期。好きな曲をどんどん入れていたら、スマホの容量が音楽ですっかり埋まってしまった。そんな経験のある人は少なくないはず。「もっと多くの曲を持ち歩くいい方法がないだろうか…」と思っているなら、音楽をクラウドで管理してみてはどうだろう?

iPhoneユーザーならAppleの公式サービス「iTunes Match」を利用したい。これは、音楽再生ソフト「iTunes」を利用してCDからパソコンに取り込んだ曲や、「iTunes Music Store」で購入した曲を、インターネット経由でiPhoneやiPadから再生できるようにするサービスだ。曲を端末内に保存する必要がないため、iPhoneの保存容量を圧迫せずに済む。

音楽の再生はiPhoneに標準搭載されている「ミュージック」アプリで行うので、いつもと変わらない操作感で膨大な音楽コレクションを再生できる。年間のサービス使用料は3980円で、最大2万5000曲まで音楽をアップロード可能だ。

Androidスマホの場合は、音楽配信サービスの「Amazon MP3 音楽ダウンロード」を利用するのがひとつの手。このサービスで購入した曲は、アプリ「Amazon Cloud Player」を利用して、インターネット経由でAndroidスマホでも再生できる状態になる。(「Amazon Cloud Player」はiOS版もある)。もちろんスマホに曲を保存する必要はない。

ちなみに、クラウドにこだわらなくても、スマホの空き容量を減らさずに音楽を遠隔再生する方法はいくつかあるのだ。「Air Bank」のように無線LANで接続可能なポータブルHDDに音楽を保存して、それをスマホから再生するのもひとつの方法だ。

ただし、ここで気がかりなのは、音楽ファイルの複製と送信をデータの所有者以外が行った場合、これを違法とする判決が過去に出ていることだ。ファイルをインターネットに送信する操作を所有者が行っても、それを行うアプリケーションによっては違法となる可能性がある。ネット経由で音楽を送受信する場合には、著作権的に問題のないサービスやアプリを利用するよう心掛けたい。
(丸田鉄平/HEW)

iTunes Match クラウド 持ち運び 音楽管理