曲面と耐久性で攻める新たな「GALAXY」!

左/「GALAXY Note Edge SC-01G」。2014年10月下旬発売予定(チャコールブラック)/2014年11月中旬発売予定(フロストホワイト)。右/「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」。2014年10月4日発売

NTTドコモは9月30日、サムスン製のスマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」の2機種を発表した。

「GALAXY Note Edge SC-01G」は、「GALAXY Note」シリーズおなじみの高精細大画面とSペン対応を引き継ぎつつ、新たな技術として左右非対称の曲面ディスプレイを採用。ディスプレイのフチは「エッジスクリーン」になっており、メイン画面と別に独立して動く。着信通知、受信通知などの情報確認ができたり、カメラ・メディアプレイヤーなどの操作ボタンが配置されるため、メインスクリーンをフル活用できるようになった。

またCPUはドコモスマートフォン最速の2.7GHzを実現し、ディスプレイに最大5つのアプリをポップアップで同時に起動できる。さらにドコモ初のTD-LTEと700MHzにも対応しており、北米や中国でもLTEを使用可能、海外出張時でもストレスなく操作できるのはうれしい。

一方、「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」の特徴は「頑丈さ」。落下、粉塵、湿度、太陽光日射、振動、氷・低温雨、対衝撃、高温保管(63℃)、高温動作(71℃)、低温動作(-51℃)、など米国国防総省の軍事規格「MIL」18項目の試験にクリア。落としても、濡れてもOK。ウインタースポーツでも安心して使えて、汚れたら水で洗い流すこともできるという。

最近のスマホにしてはボタンが多いのも特徴で、ホームボタンを含む3つのボタンを前面に搭載。また側面にはアクティブキーを搭載し、ワンプッシュすれば設定していたアプリを呼び出せる。

両機種とも高音質で通話できる「VoLTE(ボルテ)」に加え、CDよりも高音質で音楽が聴ける「ハイレゾオーディオ」にも対応。曲面ディスプレイの「GALAXY Note Edge SC-01G」と、タフネスボディの「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」という新たな面白さが加わった「GALAXY」。興味のある人はチェックしてみては?

(島尻明典/verb)

「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」。サイズ:約145×74×9.2mm 質量:約171g ディスプレイ:約5.1インチ OS:Android4.4 CPU:2.5GHzクアッドコア バッテリー容量:2800mAh カメラ有効画素数:約1600万画素 カラー:カモグリーン、チタニウムグレー
「GALAXY Note Edge SC-01G」。サイズ:約151×82×8.5mm 質量:約177g ディスプレイ:約5.6インチ OS:Android4.4 CPU:2.7GHzクアッドコア バッテリー容量:3000mAh カメラ有効画素数:約1600万画素 カラー:チャコールブラック、フロストホワイト
2013-2014冬春モデル GALAXY ドコモ発表会