「黒猫ウィズ」運営が語る! 人気イベントの裏側は?

「魔法使いと黒猫のウィズ」で行われるイベントのなかでも、人気の高い「魔道杯」。画面上部に、自分と対戦しているユーザーがクイズに正解したかどうかが表示される。
画像提供/コロプラ
©2013-2015 COLOPL, Inc.

市場規模が7000億円を超え、その好調ぶりからゲーム市場をけん引するまでに成長したスマートフォン向けゲームアプリ。

人気を集める理由のひとつとして、ゲーム内で定期的に開催されるイベントが挙げられる。レアなアイテムがもらえたり、新たなストーリーやキャラクターが追加されたりと、ユーザーを飽きさせない工夫が凝らされているのだ。

ユーザーからすると楽しみなイベントだが、どうやらイベントを開催しているアプリ運営者は並々ならぬ苦労をしているそう…。そこで今回は、コロプラが開発を手掛けるクイズRPG「魔法使いと黒猫のウィズ」のイベントの裏側を、統括責任者であるプロジェクトマネージャー・うがぴよさんに聞いてみた。

芸能、文系、理系など6ジャンルのクイズに答えて敵を攻撃していく同ゲーム。特に人気のイベントが、月1回開催される「魔道杯」だ。ユーザー同士でクイズバトルのクリアターン数を競い合い、獲得したポイント数に応じて、バトルで使えるキャラクターカードなどのアイテムが手に入る。そんなイベントを運営するうえで大変なのは、どのような点なのだろう。

「魔道杯は、ユーザー様の期待値が非常に高いイベントです。期待を裏切らないよう、報酬を何にするか、どのようなクイズ形式で対戦してもらうかと、いつも苦悩しています」(うがぴよさん、以下同)

報酬や対戦方法は、開発メンバーでブレストし、レビューを行って決めているのだそう。「メンバーの中には、非常に熱量の高いユーザー様(いわゆる“ガチプレイヤー”)としてプレイしている人が多いので、『このアイテム報酬はいらない』『このクエストはつまらない』などと厳しい批判を受けることも少なくありません。そのような指摘を一つひとつ聞き入れ、開発しています」

そんな苦労を経て生み出されたイベントで、一番重視している点は、やはり「ミスのない運用」。「『魔道杯』に向けて1カ月前から準備をするユーザー様も多くいるので、不具合などで開催延期にならないよう、気を配っています」とうがぴよさん。

リリースから2年が経った現在もユーザー数を伸ばしている「魔法使いと黒猫のウィズ」。多くのユーザーを楽しませるイベント運営の秘策とは?

ユーザー様に『驚き』を与えていくことが、イベント運営では大事だと思っています。たとえば、3D画面のバトルを開発したり、バトル中にキャラクターボイスを入れてみたり…。長くプレイしているユーザー様も飽きさせないことを第一に考えています」

運営の大変さを語りながら、自身も寝る時間を削りながらプレイするという、うがぴよさん。ここまで丹誠を込めて開催されているイベントとなれば、興味は湧くもの。一度試してみても損はないかも!

(杉山大祐/ノオト)

【関連リンク】
●クイズRPG『魔法使いと黒猫のウィズ』公式サイト
URL:http://colopl.co.jp/magicianwiz/

●『魔法使いと黒猫のウィズ』×SCRAP リアルクイズRPG「伝説の魔道士は誰だ!?」
URL:http://colopl.co.jp/realquiz/
東京(渋谷・原宿)・名古屋・大阪 全国4会場でリアルクイズイベントを実施中!
開催期間:2015年10月9日(金)~2015年12月3日(木)

ゲームアプリ コロプラ 裏側 魔法使いと黒猫のウィズ 魔道杯