まるでドラマ?ビジネスマンが憧れる社内恋愛シチュエーション

仕事終わりのデートをついつい妄想しちゃう? 写真:foly/PIXTA(ピクスタ)
最近ではSNSを通じて付き合うカップルもいると聞くが、依然多いのが“社内恋愛”。映画やドラマの恋愛における定番シチュエーションだけに憧れる人も少なくないだろう。そこで、20~30代の男性会社員200人に「社内恋愛で憧れるシチュエーション」について聞いてみた。

■社内恋愛で憧れるシチュエーションTOP10
(11の選択肢から1、2位を選んでもらい、1位=2pt、2位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

1位 夜、一緒に帰宅(同棲の場合など) 107pt
2位 二人で決めた合図などでコミュニケーションを取る 79pt
3位 退社時間をズラして周囲にバレないよう仕事帰りにデート75pt
4位 すれ違いざまのアイコンタクト 60pt
5位 朝、(途中まで)一緒に出社 59pt
6位 昼休みなど休憩時間に、二人でこっそりデート 52pt
7位 二人きりのエレベーター内でこっそりイチャイチャ 39pt
7位 会社では「同僚(上司・部下)」としてふるまう 39pt
9位 社内の給湯室などでイチャイチャ 38pt
10位 業務連絡に見せかけた付箋でやりとり 25pt

※ 次点
11位 社内メールでプライベートなやりとり 24pt

2位の「二人で決めた合図」や4位の「アイコンタクト」などはまさしくドラマのワンシーン。「イチャイチャ」など下位にはちょっとエッチな項目もランクインした。それぞれのシチュエーションを選んだ理由も見てみよう。

【1位 夜、一緒に帰宅(同棲の場合など)】
「女の子と一緒に帰るのに憧れているから」(24歳)
「仕事終わりに飲み屋に一緒によって帰りたいから」(27歳)
「仕事から解放されて気分が高揚しているから」(31歳)
「一緒に帰るために待っててくれるのはうれしいから」(27歳)

【2位 二人で決めた合図などでコミュニケーションを取る】
「すれ違いざまのどきどきがいい」(35歳)
「二人で秘密を共有している感じがするから」(30歳)
「テレビとか本とかで見たことがあって面白そうだから」(33歳)
「社内という日常の空間において、非日常な感じがするから」(28歳)

【3位 退社時間をズラして周囲にバレないよう仕事帰りにデート】
「こそこそ感」(32歳)
「毎日デートできそうだから」(34歳)
「他人の目を盗むドキドキ感があるから」(39歳)
「遅れていって『待った?』と聞いたら、『うん』と言ってほしい」(34歳)

【4位 すれ違いざまのアイコンタクト】
「なんとなく恥ずかしい演出だから」(30歳)
「あまり言葉を交わさずにわかることがいいと思った」(38歳)
「清純なおつきあいをしたい。社内では、仕事に徹し、オフに恋愛したい。 メリハリをわきまえることが理想的です」(37歳)

【5位 朝、(途中まで)一緒に出社】
「少しでも長くいられるとうれしいから」(25歳)
「朝いい気分で仕事を頑張れそう。一日良い気分」(27歳)
「一緒に通勤は護衛のような感じで憧れる」(38歳)

そのほか6位以下には、こんな声も寄せられた。

【6位 昼休みなど休憩時間に、二人でこっそりデート】
「仕事の拘束時間内に至福の時間を味わえるため」(29歳)

【7位 二人きりのエレベーター内でこっそりイチャイチャ】
「一度は経験してみたい」(30歳)

【7位 会社では「同僚(上司・部下)」としてふるまう】
「他の人たちは上司や部下として当たり前に接する中で、優越感に浸れそうだから」(24歳)

【9位 社内の給湯室などでイチャイチャ】
「AVの影響で、給湯室=こっそりエロいことをする場所というイメージがあるから」(38歳)

【10位 業務連絡に見せかけた付箋でやりとり】
「自分が付箋で告白したから」(33歳)

テレビや本などの影響で、妄想を膨らませる人は少なくないようだ。。また、「日常の空間における、非日常な感じ」への憧れは、ほとんど全てのコメントからも伝わってくる。せめて一生に一度は、社内でそんなドキドキを味わってみたい…。

(嶋野清明)

イチャイチャ デート 恋愛 社内恋愛