ゲーセンでも人気のコアなシューティング

Android iOS
スライド操作で自機の加減速が自在に行えます

昭和の昔に社会現象となった「インベーダーゲーム」を始祖とするシューティングゲーム。時代と共に難易度も高まり、現在ではマニア向けのジャンルという印象も強くなっています。そのなかでも、コアなゲームファンに人気の高い、難易度の高めな名作シューティングゲームといえば、やはり「怒首領蜂」。スマートフォンでの操作は、ちょっと難しそうな気もしますが、TABROID編集部の金本太郎さんによると、この「怒首領蜂大復活」は、スマホ向けの操作システムがよくできており、シューティングが苦手な人でも楽しめるといいます。

敵が放つ圧倒的な弾幕をかいくぐり攻撃を行う、シリーズならではのスリリングな感覚は、スマートフォン版でも健在。難易度が調整できるので、シューティング初心者でもある程度は楽しめる…はず。腕に自信がある人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

スマートフォン版最大の特徴といえるのが、スライドによる自機の操作。コントローラーに比べ動かしにくそうに思えますが、実際にプレイしてみると加速減速が直感的に行えてなかなか快適。ゲーセンでシリーズをやり込んだ強者も、新鮮な感覚で楽しめるはずです。

スマホ版ならではのゲームモードがある点が魅力

この記事で紹介しているアプリ

インベーダーゲーム ゲーセン シューティングゲーム