来年こそ実践したい!? 理想の花見とは?

人気の花見スタイルは昼間に静かに?
人気の花見スタイルは昼間に静かに?
桜の開花は、各地で異例の早さを記録した。慌てて花見を企画したという人もいるのでは? でも、花見と言っても人によって楽しみ方は様々だろう。今年の花火シーズンはすでに終盤だが、反省も活かした「理想の花見」とはどんなものなのか? そこで、20~30代の男性会社員に、「より魅力的だと感じる花見」について聞いてみた(協力:アイリサーチ)。

■昼と夜、どっちの花見が好み?
「昼間、明るい時間に桜を楽しむ」派 60.5%
「暗くなってから夜桜を楽しむ」派 39.5%

■「花見の食事」といえばどっち?
「出来合いのものを買う」派 60.5%
「手作り弁当」派 39.5%

■会場の雰囲気、好きなのはどっち?
「静かに花見を楽しむ雰囲気の場所」派 76.5%
「ガヤガヤ騒げる雰囲気の場所」派 23.5%

4分の3が「静かに花見を楽しむ」という結果に。昼間からお酒を飲んで騒げるのも花見の魅力だが、支持されたのは静かな花見だった。

花見を企画する時に他にも考慮したいのは「同席者」についてだ。少人数の花見と大人数の花見だったら、どちらが理想なのだろうか? その理由と合わせて聞いてみた。

■少人数(2~4人)と大人数(5人~)、理想の花見はどっち?
「少人数」派 64.5%
「大人数」派 35.5%

【「少人数」派の意見】
「多いとトラブルが起こりやすくなる」(26歳)
「大人数だと場所取りが大変だから」(28歳)
「日程を調整するのが大変」(33歳)
「気兼ねなく穏やかに時を過ごしたいため」(28歳)
「家族でいきたい」(35歳)
「多くても全員とはしゃべらない」(31歳)
「騒がず飲める」(30歳)

【「大人数」派の意見】
「ある程度の人数がいた方が楽しそうだから」(27歳)
「大勢の方が賑やかでお花見自体が盛り上がるから」(39歳)
「大勢の方が会話が途切れない」(28歳)
「少人数はテレる」(32歳)
「大人数で飲みたい。少人数過ぎると他の人から寂しく見える」(25歳)
「盛り上がりやすい。自分たちの世界を維持できる」(30歳)

過半数の人が「少人数派」だった。1つ前の質問で「静かな花見」を支持する人が多かったことからも納得の結果だろう。また、「手間やトラブルを避ける」という理由も多かった。一方で、「大人数派」は「賑やかな花見」を好む人が多いようだ。いずれにせよ、自分たちのスタイルに合うやり方で、花見を楽しみたいですね。

(嶋野清明)

世論調査 花見